2010年04月24日

「iPadキラー」となるか 欧州で「WePad」注目(産経新聞)

 米アップル社が今月、米国で発売した新型携帯情報端末「iPad(アイパッド)」が、初日に30万台超を販売する人気をみせているが、欧州市場で「アイパッドキラー」として注目されている端末がある。ドイツメーカーが開発した「WePad(ウィーパッド)」だ。アイパッドの市場独占を阻止できるか−。

 ウィーパッドは、電子出版システムなどを手がけるドイツの「Neofonie」が開発。OSは、グーグルのアンドロイドを採用。アイパッドより若干大きめの11・6インチのディスプレーで、重さも800グラムだが、アイパッドにはないカメラも搭載されている。

 最大の違いはコンテンツの受け入れ体制だ。アップル向けコンテンツの公開が事前チェック制なのに対し、ウィーパッドは「自由」とし、コンテンツメーカーが作品を供給しやすくなっている。

 ドイツ国内での発売は、今年8月を予定。米紙ワシントン・ポスト電子版などによると、すでに欧州の大手出版社「Gruner+Jahr」がウィーパッドへの雑誌コンテンツの提供計画を決めているとされ、前評判は上々だ。(三塚聖平)

【関連記事】
「次世代iPhoneは6月22日発表」のうわさ
iPadは「反革命的」商品? 世界主要メディアの反応
iPad日本発売延期 「熱気冷めなければ…」「ソフト作り込める」
草木もなびくiPad ゲーム各社、狙うは二匹目のどじょう
タッチスクリーンPC、2015年には15歳未満の半数に浸透

CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
「ネバーギブアップの精神評価」=沖縄知事(時事通信)
<枝野担当相>「国民生活センター」訪問 仕分け対象の候補(毎日新聞)
【こうして生まれた ヒット商品の舞台裏】ネスカフェ バリスタ ネスレ日本(産経新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
posted by キノ ヒロコ at 04:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。